検索頁へ
 
件 (1/4頁) 総数62件
  農業・食品・健康・医療  

1371
これからの暮らしはどうなるの? 01/03/14 PM05
消費社会と受動社会がつくり出す、矛盾と危険性 江岸元

1833
農村を活性化させる為には? 01/03/21 PM03
農業・百姓を通して見た現代人−@ 江岸元

2561
これからの暮らしはどうなるの? 01/03/31 AM03
緑と人間−A 江岸元

2941
農村を活性化させる為には? 01/04/07 PM11
無人島にて 越見東太

5001
農村を活性化させる為には? 01/06/06 AM01
コンセプトは、『私、気付いたら就農してたみたいです♪』かな? 西知子

5036
西洋医療と東洋医療 01/06/07 AM00
要素還元的科学信仰からの脱却 1・・「科学と医学」 本田真吾

5037
西洋医療と東洋医療 01/06/07 AM00
要素還元的科学信仰からの脱却 2・・「科学と医学」 本田真吾

5202
西洋医療と東洋医療 01/06/13 AM00
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」 本田真吾

5355
農村を活性化させる為には? 01/06/17 PM11
就農定住の成功事例〜山形県高畠町B 北村浩司

5661
農村を活性化させる為には? 01/06/28 AM02
遺伝子組み替え食品の問題性 3 本田真吾

9441
農村を活性化させる為には? 01/08/30 PM10
上中町企画需要分析B体験教育(農が教育に及ぼす効果) 北村浩司

18156
農村を活性化させる為には? 01/12/09 AM01
市場社会構造の組み替えがはじまった。 田村正道

24242
西洋医療と東洋医療 02/02/18 AM09
食べる側の権利 西田栄喜

24991
農村を活性化させる為には? 02/02/26 PM00
オヤとコ(柳田民俗学から) 槇原賢二

81272
人工物質の脅威:大気・水・食品 04/11/22 AM01
ガン死亡率が増えているのはタバコが原因? 麻丘東出

82514
学者とマスコミはグルで頭脳支配 04/12/13 PM11
タバコ発ガン説のウソ 西谷文宏

83081
健康と食と医 04/12/24 AM01
共認治癒力A 喜田育樹

84544
食糧危機は来るのか? 05/01/24 PM08
食糧危機問題の捉え方 田中素

98725
学者とマスコミはグルで頭脳支配 05/10/08 AM00
タバコと肺がんの関係における統計学的なごまかし 田野健

107307
学者とマスコミはグルで頭脳支配 06/03/13 PM09
タバコの常識の嘘 志水満
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp