検索頁へ
 
件 (1/447頁) 総数8925件
  原発・地震・気象・環境  

372753
地震・噴火・気象 21/11/27 PM02
グローバリスト達は、新型コロナと同じような気候変動パニックを起こす機会を狙っている yooten

372739
地震・噴火・気象 21/11/26 PM10
歴史的な巨大地震のほぼすべてと、巨大噴火の8割くらいは、太陽活動の極小期に起きていた 仙人掌

372736
環境破壊 21/11/26 PM10
ゴミ袋有料化の前に日本人がやるべきことは? 872

372734
原発 21/11/26 PM09
福島第一原発放射能汚染水、DNAを傷つける炭素14が含まれていることが明らかに 新川啓一
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 21/11/26 PM08
【世界の力を読み解く】〜COP26から見えること/中露派に舵を切る日本だがメディアは未だに欧米偏重〜 日本を守るのに右も左もない

372727
地震・噴火・気象 21/11/26 PM05
東北地方太平洋沖地震は何故おきたか?解明できない地震(その2) 廣渕一志

372726
地震・噴火・気象 21/11/26 PM04
東北地方太平洋沖地震は何故おきたか?解明出来ない地震(その1) 廣渕一志

372675
宇宙・地球 21/11/24 PM07
なぜ台風や異常気象が起こるのか?地球の浄化循環作用の仕組み 顧 億睿

372667
健康と食と医 21/11/24 PM01
大気中を浮遊するマイクロプラスティックは、気候変動にも影響している:研究結果 古越拓哉

372592
食糧危機は来るのか? 21/11/21 PM08
気候変動がこのまま続くとトウモロコシ、小麦の生産に大きな変化が生まれる可能性 伊藤耕大

372587
環境破壊 21/11/21 PM06
昆虫の減少に「スマホの電波」が関与か、”5G”の導入で地球から昆虫がいなくなる可能性が示される 陀羅尼助

372580
地震・噴火・気象 21/11/21 PM01
地球の地殻(プレート)は、卵の殻と同じ厚みだった!〜地震の構造を卵で考えてみよう〜 おうが

372578
地震・噴火・気象 21/11/21 AM11
人為的温暖化論に基づき予測された気候変動の予測はほぼ全て外れている 磯貝朋広

372572
地震・噴火・気象 21/11/21 AM01
夏に入るオーストラリアが極端な寒波に見舞われる。メルボルンでは「167年間のすべての低温記録」が更新され、南部では夏の雪 匿名希望

372561
地震・噴火・気象 21/11/20 PM10
地震はなぜ起きるのか 仙人掌

372514
西欧科学は狂っている 21/11/19 PM06
西欧科学の不整合 地球系〜地球温暖化説の嘘 他1 匿名希望

372476
マスコミに支配される社会 21/11/18 AM09
不人気をかわす脱炭素の政治利用 森浩平

372471
地震・噴火・気象 21/11/17 PM11
今年の秋、あまりにも寒暖差が激しかった理由 大川剛史

372469
地震・噴火・気象 21/11/17 PM10
人類の進化に影響を与えた超巨大噴火、スマトラ島のトバ火山の謎 立川久

372423
マスコミに支配される社会 21/11/16 PM03
COP26の茶番 ぴぴ
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp