検索頁へ
 
件 (1/5頁) 総数86件
  アメリカ支配と官僚支配  

968
学者とマスコミはグルで頭脳支配 01/03/07 AM02
現代の神官=社会統合階級の欺瞞 四方勢至

3035
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 01/04/10 AM03
国債残高 岩井裕介

6762
学者とマスコミはグルで頭脳支配 01/07/25 PM04
なぜ学問は退廃するか 阪本剛

32099
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 02/05/28 PM10
国家が過去の遺物であることが、鮮明になりつつある 村田貞雄

59262
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 03/07/28 AM03
架空観念で現実を体系化した法学が自己矛盾を引き起こすのは必然 山澤貴志

60263
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 03/08/18 AM01
矛盾だらけの法学が、社会を閉塞させている。 北斗七星☆

73070
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 04/06/05 PM09
小泉の支持率と目先の秩序収束 岡田淳三郎

73071
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 04/06/05 PM09
マスコミの煽動報道と、その最後 岡田淳三郎

82433
民主主義と市民運動の正体 04/12/12 AM04
「セクハラ」裁判の驚くべき事実。 廣重圭一

98551
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 05/10/05 PM09
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配 井上宏

100465
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 05/11/06 PM07
世界中を巨大市場化していく諜報機関の奥の院 田野健

100553
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 05/11/08 PM09
国家のあらゆる部門で粉飾会計 村田貞雄

117344
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/05/30 PM11
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史 小圷敏文

122172
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/06/18 AM06
日本の政治家も、絶えず監視され報告されているようだ 南風小僧☆

126067
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/07/17 AM01
小泉自民党の“コミ戦”世耕チーム 南風小僧☆

133002
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/10/03 PM10
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論 匿名希望

133120
試験・身分制度の根深い害 06/10/04 PM10
勝ち組ほど、阿呆になる時代 縄文男児

133736
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/10/10 AM02
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部 南風小僧☆

205507
試験・身分制度の根深い害 09/04/29 PM11
学歴エリートの自家中毒 縄文男児

213744
現代意識潮流を探る 09/08/27 PM09
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束 岡田淳三郎
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp