検索頁へ
 
件 (1/1834頁) 総数36666件
  アメリカ支配と官僚支配  

372814
世界各国の状況 21/11/29 AM06
台湾からの「視線」に日本が注意するべき理由 藤井智子

372809
人工物質の脅威:大気・水・食品 21/11/28 PM11
ワクチンは永遠に打ち続けるのか? 匿名希望

372799
農村を活性化させる為には? 21/11/28 PM08
中国の農村はどんなところなのか ぐみん

372794
政治:右傾化の潮流 21/11/28 PM06
ワクチン接種者が直面する究極の選択 上前二郎

372793
政治:右傾化の潮流 21/11/28 PM06
ワクチン未接種者のロックダウンが迫っている 上前二郎

372789
政治:右傾化の潮流 21/11/28 PM03
【モデルナ異物混入問題】自主回収ワクチンで3人目の死者が出るも、未だに因果関係を否定する厚労省に批判殺到 井垣義稀

372772
法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕 21/11/27 PM10
欧米人はみんな、新型コロナワクチンが期待ほど効かないと知った:われら日本人は今後もマスク着用習慣を維持すべき

372771
世界各国の状況 21/11/27 PM10
アジアで進む対アメリカの動き 向陽

372762
世界各国の状況 21/11/27 PM07
イスラエル政府が、未知のコロナ変異体「オメガ株」に対しての机上軍事演習を実施。首相は「COVID-19 ウォーゲーム」と呼ぶ 匿名希望

372760
世界各国の状況 21/11/27 PM06
バイデン米政権初の州知事選、バージニアで共和党勝利、ニュージャージーは民主再選、メディア報道 匿名希望kk

372759
世界各国の状況 21/11/27 PM05
脱米国が南米でも広がりつつある〜ベネズエラ統一地方選 匿名希望kk

372733
世界各国の状況 21/11/26 PM09
抗議デモが世界各国に拡大中 橋口健一
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 21/11/26 PM08
【世界の力を読み解く】〜COP26から見えること/中露派に舵を切る日本だがメディアは未だに欧米偏重〜 日本を守るのに右も左もない

372730
世界各国の状況 21/11/26 PM07
もうイエス様では救われないのか キリスト教が有史以来の信者急減 匿名希望

372719
アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争 21/11/26 AM00
世界一奇怪な米国農業〜なぜ米国はTPPと遺伝子組み替え、バイエタが必要なのか?〜 匿名希望
トラック
バック
世界各国の状況 21/11/25 PM08
二重の世界:ニセ現実だらけの旧世界と、姿を現す新たな同類闘争圧力 金貸しは、国家を相手に金を貸す
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 21/11/25 PM01
【世界の力を読み解く】〜なぜ世界の重心はアジアから欧州へ移ったのか〜 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
世界各国の状況 21/11/24 PM10
中国情勢 経済包括・思想洗脳の路線から金貸しの世界秩序を潰すか 金貸しは、国家を相手に金を貸す

372679
世界各国の状況 21/11/24 PM08
バチカンは首都ワシントンD.C.のすべてをコントロールしている 蒔田一雪

372666
世界各国の状況 21/11/24 PM00
現代の科挙、中国の公務員試験は競争率80倍 キムナリ
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp