検索頁へ
 
件 (1/4頁) 総数70件
  ’70年貧困の消滅と支配階級の暴走  

4857
’70年貧困の消滅と私権の衰弱 01/06/01 PM11
市場拡大停止の原因(3) 雪竹恭一

31252
国債経済とその破綻(大破局の予感) 02/05/18 AM02
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある 四方勢至

68006
暴走する悪徳エリートの所業 04/02/15 PM06
『強制加入の年金制度』は、ねずみ講よりたちが悪い。 安西伸大

69851
国債経済とその破綻(大破局の予感) 04/04/04 PM10
「国の借金が700兆もできたのは何で?」は、新理論の有用性を示す、推奨お題 冨田彰男

73070
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 04/06/05 PM09
小泉の支持率と目先の秩序収束 岡田淳三郎

73071
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 04/06/05 PM09
マスコミの煽動報道と、その最後 岡田淳三郎

84507
’70年貧困の消滅と私権の衰弱 05/01/23 PM11
イイ子・ワルイ子 笠原光

96520
暴走する悪徳エリートの所業 05/08/27 PM10
小泉人気、マスコミに騙されるな! 吉川明博

97269
暴走する悪徳エリートの所業 05/09/13 PM04
「小泉圧勝」?国民の半分は「反小泉」という事実  阪本剛

97610
暴走する悪徳エリートの所業 05/09/20 PM05
“民主党攻撃を強化せよ! 徹底的にやれ!” 蘆原健吾

98551
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 05/10/05 PM09
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配 井上宏

98867
暴走する悪徳エリートの所業 05/10/10 PM07
小泉首相と中曽根元首相に見る奇妙な共通点 宮本昇

100465
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 05/11/06 PM07
世界中を巨大市場化していく諜報機関の奥の院 田野健

117344
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/05/30 PM11
エシュロンとNSAとの関係露呈の歴史 小圷敏文

122172
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/06/18 AM06
日本の政治家も、絶えず監視され報告されているようだ 南風小僧☆

126067
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/07/17 AM01
小泉自民党の“コミ戦”世耕チーム 南風小僧☆

133002
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/10/03 PM10
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論 匿名希望

133736
アメリカ→官邸→マスコミによる支配 06/10/10 AM02
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部 南風小僧☆
トラック
バック
経済破局は来るのか? 08/09/16 PM11
なんでや劇場 9/15 レポート1「経済破局に至る基本構造」 日本を守るのに右も左もない
トラック
バック
日本を守るのに、右も左もない 08/10/21 PM10
10/19 なんでや劇場レポート1 〜銀行国有化しかない〜 日本を守るのに右も左もない
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp