検索頁へ
 
件 (1/146頁) 総数2902件
  原始共同体社会  

377533
原始共同体社会 22/05/20 PM11
日本の盆踊りの起源 匿名希望

377528
原始共同体社会 22/05/20 PM09
常に祈っていなければ生きていかれないような過酷な自然と向き合ってきた人々の在り方 匿名希望

377469
人類の起源と人類の拡散 22/05/18 AM05
人類の知恵と道具の進化 志葉楽
トラック
バック
原始共同体社会 22/05/15 PM10
始原人類は連携集団として広域に拡散していったのではないか 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始共同体社会 22/05/14 PM09
人類はどのようにして進化したのか? 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始共同体社会 22/05/12 PM10
万物への一体化・感謝回路A~アイヌ文化の精神性~ 共同体社会と人類婚姻史

377343
原始共同体社会 22/05/12 PM09
ケチャの起源 〜人間の声の集団的なエネルギーによって霊媒をトランス状態に導く〜 高橋謙太
トラック
バック
原始共同体社会 22/05/07 AM01
万物への一体化・感謝回路@〜カスカ・イロコイ族の自然観〜 共同体社会と人類婚姻史

377148
原始共同体社会 22/05/04 AM07
人、自然、動物、道具、すべてのものに対し、敬意をもつということ 匿名希望

377068
サル社会を解明しよう 22/04/30 PM10
ヒトはなぜ家族をつくるのか 姜ヨセフ

377062
人類の起源と人類の拡散 22/04/30 PM08
北米インディアンの自然観A〜動物のほうが食べにきてくれる。動物に対する感謝や尊敬の念〜 松本翔

377061
人類の起源と人類の拡散 22/04/30 PM06
北米インディアンの自然観@〜動物のほうが食べにきてくれる。動物に対する感謝や尊敬の念〜 松本翔

377060
人類の起源と人類の拡散 22/04/30 PM05
部族が生き残る最先端の術は「学び」にある 匿名希望SY
トラック
バック
原始共同体社会 22/04/26 PM09
同類の存在に対する感謝感から、万物に対する感謝感へ 共同体社会と人類婚姻史

376963
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 22/04/26 PM05
紀元前のヨーロッパでは、動物の形をした土器の“哺乳瓶”で赤ん坊が乳を飲んでいた 匿名希望

376854
日本人の起源(縄文・弥生・大和) 22/04/21 PM07
火が使われ始めたのは道具としての使い方では無いのでは? 横田雅彦
トラック
バック
原始共同体社会 22/04/21 AM00
同一視充足から、「いてくれること(存在そのもの)への感謝」へと進化 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
原始共同体社会 22/04/20 AM10
共認機能の獲得以来、初めて「孤独感」に苛まれた原初人類 共同体社会と人類婚姻史
トラック
バック
本能⇒共認機能⇒観念機能 22/04/18 AM00
【言葉の成り立ち】精霊信仰の世界観〜精霊を見出そうとしたのは何で? これからは探求の時代

376751
採集・漁撈・狩猟から栽培・牧畜・遊牧へ 22/04/17 AM04
人類の身長は「農耕を始めた」ことで4cm近く縮んでいたと判明! 森敏幸
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp