検索頁へ
 
件 (1/3頁) 総数50件
  生物史と自然の摂理  

59
生物学を切開する 01/02/10 PM10
遺伝子の共同体 四方勢至

60
生物学を切開する 01/02/10 PM10
「利己的な遺伝子」を切開する 1 四方勢至

61
生物学を切開する 01/02/10 PM11
「利己的な遺伝子」を切開する 2 四方勢至

1321
生物の起源と歴史 01/03/14 AM01
哺乳類の性闘争本能 四方勢至

2540
生物学を切開する 01/03/31 AM01
科学と社会 吉国幹雄

2747
生物学を切開する 01/04/04 AM05
蛋白質は多様に連鎖反応する 四方勢至

3996
生命原理・自然の摂理 01/05/10 PM02
外圧適応態 吉国幹雄

29834
共認運動をどう実現してゆくか? 02/05/01 PM07
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応 四方勢至

30274
本能⇒共認機能⇒観念機能 02/05/07 PM04
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している 四方勢至

38482
生物学を切開する 02/08/23 AM00
機能進化は遺伝子の変化に直結していない。 北村浩司

81625
サル社会を解明しよう 04/11/27 PM07
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い 北村浩司

93795
・認識論科学論  05/07/02 PM10
複雑系の概念2「フラクタル理論」 近藤文人

166118
生命原理・自然の摂理 07/11/29 PM01
オスメス分化の塗り重ね構造 岩井裕介

281822
生命原理・自然の摂理 13/10/02 PM05
千島学説の原理を読み解く〜第一原理 赤血球分化説 本田友人
トラック
バック
未知なる回路:気・霊感・予知 14/02/09 AM00
シリーズ 素粒子とテレパシー3〜細胞同士はテラヘルツ波で共鳴する事で情報伝達している。〜 生物史から、自然の摂理を読み解く

287458
生物の起源と歴史 14/02/18 AM02
細胞理論を引き継ぐネサン氏の研究 〜血液の中で生殖する極微生命体〜 田村正道

287700
生物の起源と歴史 14/02/24 AM03
ソマチッドは生命の前駆体か?電子とソマチッド 北村浩司

287834
生物の起源と歴史 14/02/28 AM03
ソマチッドは生命か否か? 生命現象とは磁化された水が生み出す「命の場」であり、本当の電源は体の外にある。 田村正道

290351
健康と食と医 14/05/18 PM03
栄養学の嘘:食物のカロリー表示は全く意味のない数字 スズムシ

292254
生命原理・自然の摂理 14/07/11 AM01
佐野千遥博士による「ソマチット=物理的生命体=単極磁石」の論証 岸良造
このページの上部へ  

◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp