この記事の読者は累積1496人です。
 
日本を守るのに、右も左もない
379404 中国の三戦はすでに始まっているー1
 
匿名希望 22/08/04 PM07 【印刷用へ
ビジネス知識源<466号;中国の三戦はすでに始まっている>リンク 
--
安倍元首相の銃撃(7月8日)について、公開情報から原因を探索すると、「中国の日本への三戦」が始まっていることが、次第に推理できました。中国共産党(CCP)による台湾と日本への「三戦」です。これはロシアのウクライナ戦争と同じ時期に始まっています。この「三戦」は、日本国民が、1日も早く知っておかねばならないものです。
「スパイ防止法」がなく、自国のスパイもいない日本は、従来からスパイ天国と言われてきました。しかも日本では、隠れて存在するスパイの活動があっても、「それは陰謀論だ」、思い込みの観念でそんなものがあるはずはないと否定されるのですから、スパイによる「三戦」はしかけやすい。韓国のKCIA、ロシアのFSA(旧KGB)、米国CIA、イスラエルのモサド、中国の中国対外連絡部(中連部)は、代理人のエージェントも作って活動する、公式なスパイ組織です。活動内容は、外部と日本人には分からない。
警察とマス・メディアが原因と決めつけている「統一教会への怨恨」では、国民がミスリードされ、今後の防衛の対策も誤ります。公安、警察、主流メディア自体が隠避な「三戦」をしかけられているように見えるのです。なお「三戦」は、防衛省も使っている公式用語です。リンク

【三戦】2003年にCCP(China Communist Party)は、中国軍の法規である「人民解放軍政治工作条例」を、高度な「情報戦」へと改定しています。三戦とは、
・情報による世論戦、
・国民の心理に作用する心理戦、
・制度と法に関する法律戦を複雑に展開し、
敵軍と政府の、瓦解工作(自壊するように仕向ける戦略)を展開するものです。
多くの場合、この三戦は混合され、社会心理にショックを与える、政治家や要人の暗殺計画に結びつくことがあります。その暗殺は、捜査されて闇に葬られるのです。多くの証拠が出ても、裁判では不正はなかったとされている米国の大統領選挙(2020年)も、米中協力での三戦の現れと思えます。
CCPのスパイは、世界中にばらまかれ、総数は200万人と言われます(豪州に亡命した中国人法律家による)。日本に、この存在を知っている人が、何人いるでしょうか。コロナとワクチンも、米中協力での三戦の一環と考えています。

統一協会は、1950年代に文鮮明を押し立て、CIAが協力して作った反共組織でした。推測ではなく、歴史的事実です。戦後の米国の第一の政策は「韓国、日本、東南アジアの共産化」を防ぐことだったからです。日本にも、総数の10%として20万人はいる可能性があるでしょう。政治家、行政、警察、メディア、企業に入りこんでいます。
プロバガンダの諜報活動を行うCIA、KCIA、ロシアのFSB、英国のMI6、イスラエルのモサドは、スパイ組織です。スパイは、お金や、何かの機会を餌にオルグして、エージェントを作ります。そのエージェントを脅しかお金で動機づけ、活動をおこなわせます。
A級戦犯から、占領軍の意思で釈放された元首相岸信介氏も、右翼の大物とともにCIAのエージェントでした。自民党そのものが、CIAのマネー(闇の政治資金)で作られています(1955年:日本の戦後の『55年体制』という)。

仮にスパイやエージェントを逮捕しても、本体の組織はたどれません。山上容疑者は、情況証拠から、CCPの公安組織(中国外交連絡部)の、末端のエージェントの1人だった可能性がありますが、真実は、自供しない。
好意的に考えれば、奈良県警の敏腕刑事が、裏組織の存在を、携帯電話の記録から、公安(内閣府)や警察庁の指示で中国CCPを刺激しないため、嘘の記者発表をしているのかもしれません。矛盾が多く、すぐにバレる嘘が多すぎるからです。日本政府に「CCPの三戦」への対策ができたとき発表する。これくらい周到なことが、外見が間抜けに見える奈良県警に、できるのかという疑念はあります。

[警察発表には携帯の記録がない]山上容疑者が使っている携帯電話の通話記録やメール、PCの、メールの内容の発表が、一切ないのも変です。嘘が言える供述より、第一級の資料になるものです。組織のスパイと目される人物との打ち合わせや、メールの連絡があれば決定的です。奈良県警はこれを見て、組織の事実があったとすれば捜査完了まで隠しているのか。スパイにとっても、重大な任務なので、事前連絡は周到なはずです。ハッキング時代の「三戦」には、スパイの基本であるハッキングをし、他者のサーバーやクラウドを乗っ取って使う秘密のメールの仕方とデータ仕様も含まれるでしょう。日本のIT警備は、どの程度進んでいるのか?
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_379404
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
379405 中国の三戦はすでに始まっているー2 匿名希望 22/08/04 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp