この記事の読者は累積1439人です。
 
次代の活力源は?
379381 【幸運の秘訣】神様が人類にだけ授けてくださった「幸せになるための能力」とは?
 
匿名希望 22/08/03 PM04 【印刷用へ
リンク引用

2015年の発売以降、今でも多くの人に読まれ続けている『ありがとうの神様』。本書は、小林正観さんの40年間に及ぶ研究のなかで、いちばん伝えたかったことをまとめた「ベスト・メッセージ集」だ。あらゆる悩みを解決する「ありがとう」の秘訣が1冊にまとめられていて、読者からの大きな反響を呼んでいる。この連載では、本書のエッセンスの一部をお伝えしていく。

「喜ばれると嬉しい」は人間だけに許された感情
 イチローさんや松井秀喜さんは、「メジャーリーグ」でも大活躍されましたが、この2人は間違いなく「ヒト」ではなく、格の高い「人間」です。

 彼らのプレーは「喜ばれると嬉しいという本能」に基づいているように思います。

 ファンの声援に応えることが自分の喜びであり、もしも、スタジアムに観客が1人もいない「無観客試合」であったり、誰からも見向きもされなかったなら、あれほどの高いパフォーマンスを維持することはできないかもしれません。

 松井秀喜さんは、自身の著書『不動心』(新潮社)の中で、「僕のプレーをテレビや球場で見た人が、もし、『よし、オレも頑張ろう』と思ってくれたら、野球を職業とする者として、これほど幸せなことはありません」と語っています。

 彼は野球を通じて「人を喜ばせたい」と見据えているのだと思います。

 動物の中で、神様から「喜ばれると嬉しいという本能」を与えられているのは「ヒト」だけです。

 「なぜだかわからないけど、喜ばれると嬉しいから続けていきたい」と思う。なぜだかわからないけどしたくなるからこそ、「本能」なのでしょう。

 そして「ヒトには喜ばれると嬉しいという本能がある」ことを誰かに教えられて知った瞬間にスイッチが入るらしい。スイッチが入ったあとの存在が「人間」。

「人間」に囲まれていると、これ以上ない幸せを感じることができます。

 私たちが年に数回行う「合宿」は、個人的な別荘に集まって行われますので、専門のルームキーパーがいるわけではありません。それでも、お風呂はキレイ。トイレはいつ使ってもキレイ。洗濯物はいつも片付いています。

 私が参加者に「掃除をしてほしい」「洗濯物をたたんでほしい」と指示したことは、一度もありませんでした。40人もの「喜ばれると嬉しいという本能」に目覚めた人たちが集団で集まっているので、すごく「居心地のいい空間」になっているのです。

「喜ばれると嬉しい」という本能に目覚め、それを認識しながら生きていくと、やがて「よき仲間」に囲まれ、「天国度100%」の状態を味わえます。

 自分の幸せを追い求めていったとしても、最後に行き着く結論は、


 ・自分が喜ばれると、自分が幸せな気分になる

 ・自分の存在が喜ばれると嬉しい

ということに尽きると思います。

 ではどうして「ヒト」だけが「喜ばれると嬉しいという本能」を与えられたのでしょうか。

 それは、神様が「喜ばれると嬉しいという概念(エネルギー)だけの存在」だから、神様は「神」と「動物」の間に「人間」をつくられたのだと思います。

 私たち「人間」は、神様からそのエネルギーを分け与えられた「神様と動物の間に立つ、唯一の生物」であると、私は、思うのです。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_379381
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp