この記事の読者は累積898人です。
 
これからの暮らしはどうなるの?
378382 変わる生産と消費の繋ぎ方  物流が向かう未来の姿は?
 
ブログ 日本を守るのに右も左もない 22/06/23 PM07 【印刷用へ
ネット通販が浸透し、いつでもどこでも欲しいものをすぐに届けてもらえることが当たり前になった。配送される物量は増え続け、コロナ禍での在宅需要でさらに増大している。
人々は利便性を享受する一方で、商品を届ける宅配の現場は、担い手が常に不足し、人材の活力問題も逼迫している。 今や日常生活を営む上で欠かせない社会インフラとも言える物流業界が、安さと速さの競争圧力の中で疲弊し続けていくしかないのだろうか。その突破口を近代の物流史を俯瞰し探ってみたい。 続きはこちら
 
List
  この記事は 378303 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_378382
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp