この記事の読者は累積9458人です。
 
人類の起源と人類の拡散
378313 同期回路により、闘争存在として対象把握に向かったオスA
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 22/06/20 PM09 【印刷用へ
全面受容→対象との一体化回路と、本能との矛盾に直面したオスたち。
 彼らがどのようにして矛盾(意識の混濁)を突破していったのか、追求を深めていきましょう。

まず男性の対象との一体化の仕方について、メス同様にシャーマンの事例から見ていきたいと思います。
前々回の記事から、「脱魂型」(トランス状態の中で魂が身体を抜け出て、神霊界や自然界の精霊と出会いメッセージを受け取るタイプ。憑依型の「来る」イメージと違い、対象世界に「行く」イメージ)のシャーマンの多くが男性という特徴がありましたね。 続きはこちら
 
List
  この記事は 378286 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_378313
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp