この記事の読者は累積1495人です。
 
日本を守るのに、右も左もない
377383 ウクライナ。各国の国内報道と主張。
 
ブログ 日本を守るのに右も左もない 22/05/14 PM05 【印刷用へ
戦争プロパカンダ(前回記事)について、今回のウクライナにおける戦争ではどのように行われているのか。 NATO側を中心とする欧州・米国・日本においては、「侵攻」するロシアと、それによって市民の虐殺まで行われている「被害者」のウクライナとして報道されています。各国の国会で訴えたゼレンスキーの役者ぶりには、世論を誘導するには強い力となっていたことがわかります。そのためにも親ウクライナ側のウクライナ軍、英国、米国は非常にうまく情報を作り上げているとも言えます。その結果、ショッキングな映像と反露思想的な報道によって、日本国内の大衆心理もロシアを悪者として見る。そして、ゼレンスキー大統領を侵略国に立ち向かう英雄として持ち上げられているのが、日本国内の世論となっています。

一方、ロシア国内に目を当てると、プーチンの支持率は83%に上昇、今回の戦争においても妥当と考える人が81%と高い水準を更新しています。(リンク)

このロシアの軍事作戦に対して、各国を比較するとずいぶんな意識のズレが起こっています。各国の主張を見ても、先月行われた国連人権理事会では、欧米や日本など合わせて93か国が賛成し、ロシアのほか中国や北朝鮮など24か国が反対、インドやブラジル、メキシコなど58か国が棄権と、欧米側支持国は全体の半数程度、反対と棄権と同数程度です。
各国ではこの戦争をどのように報道されているか、そして真実をだれが曲げているのか、冷静な目で大局と真実に目を当てることが、この戦争の真の思惑を読み解いていく上で重要になってきています。各国の報道状況から、世界では今回のことがどう捉えられているのか。。。 続きはこちら
 
List
  この記事は 377328 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_377383
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
377517 ウクライナでの戦争、世界的な食料危機を引き起こす恐れ 深ヰ紫 22/05/20 AM09
【世界の力を読み解く】マクロン再選から見る今後の世界情勢/金資源本位制が現実味を帯びてきている 「日本を守るのに右も左もない」 22/05/15 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp