この記事の読者は累積893人です。
 
世界各国の状況
377373 外貨準備凍結という“最終手段”の実施は欧米諸国の打つ手なし状態を示している
 
稲依小石丸 ( 40代 犬上 ) 22/05/14 AM00 【印刷用へ
ロシアに対する経済制裁として、欧米諸国及び追随国は中央銀行に保管しているロシアの外貨準備を相次ぎ凍結しました。これによりロシア経済がルーブル下落の懸念に見舞われた事実はあります。
ただ、この手段は国際通貨システムに与える悪影響が甚大であるため、過去にも採用が検討されながら見送られてきました。ひとたび実行すると他国にも「いざというときに米ドルは使えない」という懸念をもたらし、基軸通貨としての信認が揺るぐためです。
これは、欧米諸国は“最終手段”を選ばざるを得ないほど、打つ手がなくなっているという状況を示しているとも言えます。

◇プーチン「次の一手」で、最大ピンチに追い詰められる「国の名前」リンク
<Yahooニュース>より
////////↓↓引用開始↓↓////////
○プーチンの「狙い」

 ロシアのプーチン大統領は3月31日、ロシア産天然ガスを購入する場合に自国通貨ルーブルでの支払いを義務付ける大統領令に署名した。ロシア国営ガスプロムのパイプラインを通じた欧州への天然ガス輸出が対象となり、4月1日から開始される方針だ。

 実はこれ、世界の基軸通貨ドルに長期的にダメージとなる一手となるかもしれない。バイデン大統領がロシア政策の対応に悪手を用いてしまったからだ。

〜中略〜

 昨年ロシアから1550億立方メートルの天然ガスを輸入している欧州では、ロシア産天然ガスの供給途絶を心配する声が上がっているが、欧州企業はユーロでの支払いが引き続き認められており、実際の支払いが開始される4月後半以降、大きな混乱は生じないのではないかと筆者は考えている。

 なぜなら、ロシアの狙いは、欧州への脅しではなく、通貨ルーブルの安定化にあるからだ。

○ロシア通貨をめぐるプーチンの深謀

 天然ガス購入代金(1日当たり2〜8億ユーロ)を国内でルーブルに換えることをアピールすることで為替相場を下支えしようとしている。

 ロシア政府の思惑は今のところうまくいっており、ルーブルの対ドルレートは急上昇し、3月末にはロシアがウクライナを侵攻した2月24日の水準にまで回復している。

 だが、この問題は根が深い。

 プーチン大統領が経済関係のイベントで「西側の金融システムで武器のように用いられるドルやユーロを使う意味はない」と述べたように、ロシアの今回の動きは西側諸国がロシア中央銀行の外貨準備を凍結したことが関係している。

 西側諸国の措置により外貨準備の約半分(約3000億ドル)が引き出せなくなったことで、ロシア政府はデフォルトの危機に追い込まれてしまっている。

 外貨準備の凍結は「金融分野における大量兵器」と呼ばれており、2014年にロシアがクリミアを併合した際、オバマ政権は外貨準備の凍結をロシアへの制裁として活用することを検討したが、「国際通貨システムに与える悪影響があまりにも大きい」との理由で実施しなかった。

○バイデンの「禁じ手」
 安全保障の手段としてロシアの外貨準備を凍結すれば「米ドルはいざというときに使えなくなる」との懸念が国際社会に広まり、基軸通貨の主な要素である「価値保蔵の手段」としての信用が毀損してしまうことを恐れたからだとされている。

〜中略〜

 案の定、金融関係者から「現在の国際通貨システムの信認を毀損することになりかねない危険な行為だ」と懸念する声が上がっているし、国際通貨基金(IMF)も3月下旬に「ロシアに科した制裁により、世界の金融システムにおけるドルの影響力が弱まり、今後、国家間の貿易をベースとする通貨ブロックが出現する可能性がある」との見解を示している。

○ロシアの次の一手

 ロシアがウクライナに侵攻して1ヶ月が経ち、西側諸国では「ロシアは国際的に完全に孤立している」との見方が常識となっているが、国際社会の実態を表してはいない。西側諸国から厳しい制裁を科されたことでロシア経済は大打撃を被っているが、アジアやアフリカ、南アメリカの国々の多くは制裁を実施していないからだ。

 注目すべきはBRICS(2000年代以降に著しく経済発展を遂げた5カ国)を構成する中国、インド、ブラジル、南アフリカが揃ってロシアを非難する国連決議を棄権し、ロシアに制裁を科していないことだ。

 BRICS諸国のGDPの合計は、米国とEUを合計したGDPに匹敵する規模にまで拡大している。

 今後希少価値が高まることが見込まれる天然資源や穀物などが豊富であるとともに、これに対する需要(人口)が巨大なことも要注目だ。自給自足経済の要素があり、共通通貨の構想も議論されている。

 「商品(コモデイテイー)の価値に裏打ちされた通貨が今後有力になるのではないか」との予測が出てきている中、ロシア政府は自国産のエネルギーや商品の輸出すべてをルーブル決済にする可能性を示唆している。

〜後略〜
////////↑↑引用終了↑↑////////
 
List
  この記事は 377002 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_377373
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
377581 ロシアの石油収入50%増、過去最高を記録 陀羅尼助 22/05/22 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp