この記事の読者は累積276人です。
 
本能⇒共認機能⇒観念機能
377364 【言葉の成り立ち】精霊信仰の世界観〜精霊を見出せたのは何で?
 
ブログ これからは探求の時代 22/05/13 PM09 【印刷用へ
【言葉の成り立ち】シリーズでは、木から落ちたサルが「目に見える現象の奥に、万物を貫く摂理を見出す」までに、何が起きたのか?について追求しています。
 前回は、一体充足の回路と万物への好奇心をもった大型のテナガザル(原オランウータン)が、足で枝を掴めなくなって地上に降りざるを得なくなったところから人類への進化が始まったのではないか?という事が見えてきました。
 今回は、木に登れなくなった先祖返り猿がその逆境をどう乗り越えていったのか?について追求していきたいと思います。 続きはこちら
 
List
  この記事は 376773 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_377364
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp