この記事の読者は累積572人です。
 
農村を活性化させる為には?
377356 『稼ぐ農』シリーズ6〜自分たちでつくって、運んで、売る。が創りだす価値
 
ブログ 新しい「農」のかたち 22/05/13 PM01 【印刷用へ
自分たちでつくったものを、自分たちで運び、自分たちで売る。

書いてしまえば当たり前のようにも思えますが、
こと農業において、生産・物流・販売、これら三つの領域を全て自社で賄っている会社は、ほぼ存在しません。それだけ難しいということでしょう。

今回ご紹介する(有)類農園は、上記三領域全てを自社で展開する、業界でも稀有な存在。生産・流通・販売、これらを一体のものとして展開してこそ、農業経営の可能性は大きく拓かれる。それを類農園は現実の経営活動をもって実証しようとしています。 続きはこちら
 
List
  この記事は 376667 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_377356
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp