この記事の読者は累積1132人です。
 
宇宙・地球
374303 プラズマの「乱流」が、螺旋構造を通じて生命にエネルギーを与える源ではないか
 
ブログ 地球と気象・地震を考える 22/01/26 AM10 【印刷用へ
チャクラや経穴に代表されるように、生命は何かしらの波動エネルギーを享受していると考えられます。
これまでの追求で、エネルギー授受の媒体となっているのは体内の構造水=プラズマであり、プラズマ自身がDNAと同じ螺旋構造を形成し、その情報を伝達する力があることが分かってきています。

そこで今回は、自然の摂理にも通じる螺旋構造を、プラズマはどのようにして形成しているのか、について調査しました。
調査の中で見えてきたのは、プラズマは、イオンと電子が互いに影響し合うことで、エネルギーを放出しながら螺旋構造を維持し続けている、ということです。

核融合によるエネルギー創出の世界でもプラズマは注目されており「トカマク方式核融合炉」では、磁力線に螺旋状に巻きつくプラズマの特性(ラーマ―運動)を利用して、ドーナツ状の磁力にプラズマを閉じ込める手法を取っています。

核融合炉では、プラズマのイオンと電子が不安定に挙動し、エネルギーが逃げてしまう「乱流」という現象がありますが、実はこの「乱流」こそが、プラズマの螺旋構造の要素の一つであり、エネルギー=生命の源ではないかと感じました。 続きはこちら
 
List
  この記事は 372834 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_374303
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp