この記事の読者は累積41242人です。
 
子育てをどうする?
374302 「女育て」まずは女性の特性を知り活かすことが上手くいくポイント?
 
ブログ 感謝の心を育むには 22/01/26 AM07 【印刷用へ
家庭での子育て、仕事場面での人材育成など、男女が一緒に課題に取組む場面は多々ありますが(ほとんどすべての課題?)、対象が子供であろうが大人であろうが、すれ違いや不安など難しく感じる場面は多くの方に共通しているのではないでしょうか。

母親からすると男の子の子育ては女の子に比べて難しいと言われるのが常ですが、男や父親から見れば「女育て」の方が難解・・・。家庭内での娘の子育て、仕事場での女性部下の育成。男は男で悩んでいるのです。
(個性や能力差より性差による難しさの方が大きい) 続きはこちら
 
List
  この記事は 374029 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_374302
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
男と女が一緒にいる意味は 〜男女が補い合って、活力が生まれる〜 「感謝の心を育むには」 22/02/05 PM05
女育ての実践編。みんなと「つなぐ」女の力 「感謝の心を育むには」 22/01/31 PM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp