この記事の読者は累積400人です。
 
サル社会を解明しよう
373987 サル社会の構造14〜種間闘争にどのように対応した?-オナガザル編-
 
ブログ 生物史から、自然の摂理を読み解く 22/01/14 PM11 【印刷用へ
弱オスたちが複雄集団に吸収された後、それまでの同種間の縄張り闘争に加えて、異種のサル間の種間闘争が激しく争われるようになりました。 この種間闘争にオナガザル達はどのように対応したのでしょうか?今回は図を見ながら追求していきたいと思います。まずオナガザル含め、サルたちが置かれた状況を押さえていきます。 弱オスたちが複雄集団に吸収され、集団ザルと離れザルという構成となるが、樹上の過密度(餌に対して食える頭数)はさほど変わりません。 加えて快美欠乏を獲得したサルたちは、より豊かな餌、縄張り 続きはこちら
 
List
  この記事は 370562 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_373987
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp