この記事の読者は累積3597人です。
 
脳回路と駆動物質
372708 人類と類人猿の違い 〜言語獲得編〜
 
ブログ 共同体社会と人類婚姻史 21/11/25 PM08 【印刷用へ
今回は、言語の獲得について整理してみたいと思います。 動物は鳴き声で危機を知らせたり、威嚇したり、発情を知らせたりしています。 動物の鳴き声と、人類が獲得した言語は何が違うのでしょうか。

 ■どこからが言語なのか? 危険やエサの情報を知らせるには、動物と同じように鳴き声で充分でしょう。オランウータンのようにキス摩擦音による子音の組み合わせによる発音など高度なケースも見られますが、基本的には感情の表出や外からの刺激に対する反応がほとんどです。

 一方、人類は刺激に対して声がでるのはもちろんありますが、発声をコントロールして言語を産出します。これは複雑さ以外の本質的な違いです。つまり、本能や五感で捉えられる対象を超えた内容を伝えているのが言語なのです。 続きはこちら
 
List
  この記事は 372497 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_372708
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
人類と類人猿の違い 〜充足行為編〜 「共同体社会と人類婚姻史」 21/11/26 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献


『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp