5902 貨幣の問題をめぐってD
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/07/09 AM03 【印刷用へ
 今後の社会の同類闘争は共認闘争とりわけ評価闘争が主軸となると思われるが、そこではこの条件として、万人が認める明快な価値軸=評価軸つまり価値観念が不可欠となる。
 
 この観点で見れば、実は貨幣は、社会統合の為に価値観念化された評価指標の最初の実現体である、という意外な事実が見えてくるのである。
 
 この事実を捨象すれば、単に「金」という価値に対して「人間」(らしさ)を即時的に対置する、逆の誤りに陥りかねない(別の言葉で言えば、それは単にアンチであって、貨幣の物神化を逆の形で自己表明しているだけに過ぎない)

 さて貨幣の持っている歴史的な意味を概観した。ここまで交換関係や貨幣が、私権闘争を超えた社会統合(同類闘争)の位相に存在することを理解いただけと思う。
これらのことは、単に貨幣は否定すればそれで良しというものではなく、同時に全国通貨に対して、単に地域通貨を対置すれば良い、という問題でもないことを示していると思う。

 では逆に現在の貨幣に問題は無いのだろうか?

 その問題は大きくは4点ではないだろうか?
・ひとつは指標価値としての価格設定のいかがわしさ、つまり価格の正当性。
・貨幣の集中=富の集中と偏在が貧富の差を拡大させたこと。しかもそれは私権闘争における制覇力として自己増殖していくこと
・持っているだけで価値を生むこと。つまり単なる指標であることを超えて、使用価値としてのふるまいを見せること。(利子や配当)
・それを越えて現在最大の問題はバブル化=実体経済を越えて、数字だけが自己増殖していくこと

 これらの問題を次の投稿で考えていきたい。
 
List
  この記事は 5900 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_5902
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
235833 歴史に学ぶ 〜ペーパーマネー〜 やまと 10/08/08 AM03
144512 評価指標 ageyaki 07/02/09 PM08
103253 実態価値が評価される時代 酒井裕志 05/12/28 AM00
98709 そのお金で何をするのか 加藤弘行 05/10/07 PM10
96421 自給率を高めることにより正当な評価へ 小林有吾 05/08/25 PM07
88856 物々交換を実行してみる価値、ありかも? 津久田博之 05/04/14 PM11
83412 評価媒体と評価指標を転換する 白石寛隆 04/12/31 AM02
82092 数値化される格差 折目裕 04/12/04 PM11
6313 貨幣の問題をめぐってE 北村浩司 01/07/19 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp