共認運動をどう実現してゆくか?
50276 「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 03/02/21 AM05 【印刷用へ
認識交流会や認識営業を通じて、最初は「私権の終焉」や「脱集団のみんな期待」等の状況変化の認識を中心的話題にするのがいいのではないか、と考えていました。つまりそういった実感を言葉化していく方が現在の皆の意識にフィットすると考えていたのです。
しかし実際交流会を経験してみて、実際は「旧観念は一切役に立たない、無用である」「旧観念こそ閉塞の元凶」→「人々の意識や社会の構造を徹底的に突き詰めた新概念の必要性」を語るほうがより反響が強く、多くの気付きを与えるようです。

それが何故なのか?
最初は不思議でしたが、よく考えてみると実はそれが当然であることに気が付きました。何故なら人間の意識は最終的には観念によって統合され、同時に現実=人々の共認も観念によって統合されているからです。(実現論1_6_03

実際、旧観念は力を喪ったとはいえ、相変わらず人間の意識に及ぼす支配力は、今尚強いと考えるべきです。
例えば一見旧観念とは無縁な若者でも「人それぞれ」や「自己実現(自分探し、自分のやりたいこと含む)」などの観念には強く影響されています。もちろんこれらの観念群も自分の頭の中だけに探索対象を封じ込め、その結果人々から実現可能性を奪っていくという構造は全く同じです。

また最近教育に関心を持っている人は必ずと言っていいほど「ゆとり教育」という言葉を口にします。しかしこれも、単に詰め込みや、金を稼ぐのに精一杯という状態を否定しそれ自体は内容のない「ゆとり≒ヒマ」という言葉を対置しただけに過ぎません。つまり現実否定の価値観念に過ぎません。

旧観念が恐ろしいのは仮にその言葉を心酔していないにせよ、その言葉を使った途端に対象捨象・対象否定という思考ベクトルが刻印されることです。つまりそのことによって、可能性を対象の中に探索する本来の思考は完全に封じこめられてしまいます。

だからこそぼんやりと旧観念は役に立たない、と捨象しているだけではなく意識的に「旧観念を全否定」する言葉が必要なのだと思います。そしてそのことよって始めて、自らの意識の全面的誤りに気付くことも可能になります。それは最も深い次元からの思考ベクトルの逆転の始まりです。またそうして始めて、新しい認識の必要性を実感すると同時に「当事者」としての全的な可能性の予感も直観できるのだと思います。
その意味で、あれこれの新しい状況認識だけでは未だ浅く、時代閉塞の真の原因への「気付き」が未だ弱いということでないか、と思います。

人々の直観はある意味で既にもっと進んでいる,と見ていいと思います。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_50276
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
222898 認識は、認識でしか塗り替えられない 西知子 09/12/29 AM02
205343 共認闘争で討つべきは旧観念そのもの 松岡隆 09/04/27 PM07
203980 旧観念の成立過程を押え直すことで、旧観念を全否定することができる 内山竜太郎 09/04/09 PM10
75630 本居宣長にみる旧観念無用 谷光美紀 04/07/30 AM00
50868 気づいて欲しい。・・・・否定と不安の間を揺れる人たち 井上宏 03/03/02 PM09
50843 「旧観念無用」の習慣化。 柏原孝史 03/03/02 AM00
50760 閉塞の元凶は『考えられない』『答えがない』旧観念 宮川悠子 03/02/28 PM06
50723 旧観念無用という実現方針 西谷文宏 03/02/28 AM01
50704 愕然とし、同時に活力がこみ上げて来るのは、新しい認識に気付いた瞬間。 阿部紘 03/02/27 PM11
50645 「平等」という旧観念の罪 松尾茂実 03/02/27 AM00
50644 用いている思考の構造への気づき 柳瀬尚弘 03/02/27 AM00
50571 座禅会に参加して 伊藤浩 03/02/26 AM09
50566 肉体を逆規定する旧パラダイムから脱する 蘆原健吾 03/02/26 AM03
50533 内に潜む旧観念をしっかり捕らえる。 八木繁昭 03/02/25 PM10
50532 観念の統合 川井孝浩 03/02/25 PM10
50476 みんなゾンビなんだから、社会が閉塞して当然 吉岡摩哉 03/02/25 AM00
50471 自由教 石橋直樹 03/02/25 AM00
50459 誰もが社会統合の当事者となるために 野田雄二 03/02/24 PM11
50454 実感としての旧観念無用から構造認識としての旧観念無用へ 山澤貴志 03/02/24 PM11
50405 中高年は価値対立から観念捨象へ、若者は観念捨象から会話欠乏へ 山澤貴志 03/02/23 PM08
50389 「旧観念を全否定」する言葉 岡田理恵 03/02/23 AM02
50379 旧観念の毒性が、最初のテーマ 矢ヶ崎裕 03/02/23 AM00
50356 閉塞の元凶だから共認できる 小林雅志 03/02/22 AM08
50340 旧い言葉なら、喋らなくていい 馬場真一 03/02/22 AM00
50320 「旧観念無用」宣言 渡辺卓郎 03/02/21 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp