健康と食と医
366044 mRNAコロナワクチンの毒性を中和する方法
 
陀羅尼助 21/04/09 PM11 【印刷用へ
今や、mRNAワクチンは効果がないどころか、むしろ毒でしかない。そのワクチンの毒性から身を守る必要がある。mRNAワクチンを接種してしまったとしても、毒性を中和する方法があるようだ。

以下、リンクより転載。

--
回復率が99.9%のコロナウイルスに対して世界中の政府が実験段階のmRNAワクチンの集団接種を押し進めています。そのためワクチンを接種した人たちのために、このワクチンの毒性を中和する方法をお伝えします。

一人の(匿名の)医師が教えてくれたダメージ緩和方法は、ワクチン接種者の命を救うことになるかもしれません。
この医師によると、以下の物質(栄養素)を摂ることにより、体内に注入されたワクチンの毒性成分(ヒドロゲル、発光酵素、ナノロボット)の解毒、安定化、除去が行われ、(コロナワクチンの)mRNAの作用が停止します。

医師が推奨するmRNAワクチンのダメージ緩和物質(栄養素)トップ5とは:
1)ヨウ素
ヨウ素は、特に成長期に非常に重要なミネラルであり、身体の様々な機能(成長、発達、破損した細胞の修復、健康的なメタボリズムをサポート、脂質、たんぱく質、糖質の代謝を促進、余分な脂肪を燃焼、肥満防止、乳がんの成長を抑制)を助ける甲状腺ホルモンを出している甲状腺に使われています。

ヨウ素は体内で作り出せませんから食べ物から摂る必要があります。またヨウ素は毒性化合物を解毒しmRNAの減衰率を大幅に増加させます。また、食餌性ヨウ素は、ナトリウム・ヨウ化シンポーター(甲状腺の機能を保護する)をコントロールしながら吸収作用をコントロールします。

2)亜鉛
アミノ酸からのたんぱく質の再合成、DNAの合成に必要な栄養素です。また、創傷治癒を促し、胎児や乳児の発育や生命維持に非常に重要な役割を果たしているほか、骨の成長や肝臓、腎臓、インスリンを作るすい臓、精子を作っている睾丸など、新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラルです。

さらに、亜鉛には抗酸化特性があり、細胞媒介の免疫機能に重要な役割を果たしmRNAのサイトカインのレベルを調節します。また、亜鉛は、癌細胞の遺伝子転写を制御しmRNAの発現、mRNAの成熟と安定に必要な鍵酵素とたんぱく質を全体的に下方制御します。そして、植物性化合物の亜鉛フィンガーたんぱく質はmRNAの作用を停止させると考えられています。

3)ケルセチン(フラボノイド)
ケルセチンは、人間と動物に多くの健康効果(抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用)をもたらし、生物活動を過剰にします。ケルセチン処理好中球は、mRNAの炎症性遺伝子の発現を抑制します。さらにmRNAの発現を調節し健康な状態を維持します。

4)カーボン 60=フラーレン(ナノ・カーボン活性炭)
※詳細はウィキペディアを参照ください。フラーレン - Wikipedia
スーパーチャージ・カーボン60に電磁場を吸収させる研究が行われています。この分子はナノカーボンであり強力な抗酸化特性があり、健康、病気の状態で身体が受ける酸化的ストレスを緩和させます。カーボン・ナノキャリアーはsiRNAを運び、無数の生物バイオテクノロジーのmRNAを細胞と遺伝子に内在化し、mRNAの作用を停止させます。効率的な遺伝子ノックダウンに重要な役割を果たします。

5)PQQ(ピロロキノリンキノン)
PQQは強力な抗酸化物質であり細胞内のエネルギー・ブースターです。PQQは、エネルギー生成ミトコンドリアをサポートしミトコンドリアを酸化的損傷から保護するだけでなく、体内で新しいミトコンドリアを生成させます。PQQは地球上で唯一、新しいミトコンドリアを生成させることができる栄養素です。PQQは野菜や果物そして母乳に含まれています。PQQは植物成長因子であり細菌性の補助因子でもあります。PQQ二ナトリウム塩(BioPQQ)は認知機能にプラス効果があり、UVA放射線照射によって引き起こされた老化現象にもプラス効果があると考えられています。

(中略)

さらに、何も食べず飲み水だけで1週間過ごすとDNAの損傷が修復され、mRNAの作用を停止させることができると言われています。また有機大麻エキスも内在性カンナビノイドにプラス効果があるためワクチンのダメージを緩和すると言われています。
(転載終了)
 
List
  この記事は 365963 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_366044
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp