サル社会を解明しよう
29626 アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
 
田中素 HP ( 36 長崎 企画 ) 02/04/28 AM03 【印刷用へ
中国で発見された真獣類は、食虫性動物のようですね。この頃はまだアロサウルスなどの肉食大型恐竜が闊歩していた時代で、おそらく低木の間に隠れ住む生活をしていたのではないかと見られています。

もう一つ例を挙げれば、昨年の12月に、パキスタンで3000万年前のコビトキツネザルの祖先と見られる化石が見つかっています。マダガスカルのキツネザル類もアジア起源の可能性が出てきたわけで、霊長類の進化においてアジアはかなり重要な場所となりそうです。

ただ、先の中国の例を考えると、おそらく原猿類の祖先は早い時期に樹上への適応は遂げてはいたものの、巨大爬虫類が絶滅するまでは、やはり大々的に繁殖を遂げるまでは至っていなかったのではないでしょうか。

その大繁殖の様子ですが、この間の議論で、やはり原猿が樹上ニッチを占めた頃は、昼行性だった可能性もあると考え直しています。

一つは、単純に、昼行性の恐竜などが居なくなったことが「隠れ住む」ことを止め、大繁殖できた理由だとしたら、同類闘争圧力の極大化の前に、昼、夜を問わず、可能なニッチにまず適応放散しただろうということです。

もう一つは、アジアに住む原猿であるメガネザルの特徴です。メガネザルは夜行性ですが、28857で紹介したワオキツネザルとは逆に、夜行性動物の特徴である「タペータム」という光の感受性を高める膜が目に無く、昼行性から夜行性に回帰した種ではないかと考えられています。

そして系統発生的な研究によれば、多くの真猿や人に繋がる原猿の系統は、曲鼻類と呼ばれるキツネザル科ではなく、直鼻類と呼ばれるメガネザルの仲間と考えられています。但し、メガネザルは食虫性です。
リンク

おそらく、食虫性の初期原猿が天敵の消滅によって様々な形で昼夜のニッチに進出し、そのうち豊かな果実や葉を主食にして大型化し、そのために視覚を発達させた者が種間闘争に勝ち、ニッチを制覇して真猿への道を歩み、メガネザルのような種がニッチを追われて再び夜行性に戻った、というようなことが当時起こったのではないでしょうか。
 
List
  この記事は 29409 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_29626
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
原猿→真猿へ 「Biological Journal」 06/12/04 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp