私権社会の婚姻制
2875 夜這いの解体と一夫一婦制の確立3
 
矢野聡子 ( 29 福岡 営業 ) 01/04/06 PM10 【印刷用へ
<明治初期〜後半 娘宿の激減→消滅の原因>
若衆仲間は二十人、三十人とあるわけだが、娘仲間は女工・女中などの出稼ぎ、子守、女廊などに売られたりで、娘分として残るのはせいぜい十人か、十五人ぐらいであり、そのうちから二、三人は結婚して脱退するから、若衆組に比すると人数は少なくなる。それが娘宿が激減し、消滅して行った原因であった。絶対数からいえば、常に娘の数は、若衆よりも少なかったわけで、したがって争奪も激しいし、他所のムラへ遠征することにもなる。また山村とか小さいムラになると娘だけでなく、後家、女中、子守まで加え、それでも不足すれば嫁などまで開放することになった。こうなると、娘宿は成立せず、女の講中が代わって出現する。したがって、(一部を除き)娘宿というのは急速に減退した。


<明治時代 若衆仲間(ムラの組織のひとつ)の第一次的解体要因>
貧農や小作人との対抗のため、ムラの地主たちが郡、あるいは県段階で結合するようになる。地域的、地方的横断組織が発達してくると、すぐに影響が大きくでたのは結婚である。それまででも富農の間では村外婚が普及していたけれども、一般的には村内婚が多かった。こうして地縁的関係よりも経済的関係が優先されるようになると、村外婚が多くならざるをえない。それに明治政府の地方自治制度創出で戸長、村長などの格ができ、次に村会議員、群会議員、県会議員が出現し、ムラムラの家の格が明確になってきた。ほぼ同格の家と縁組みするのに適当な基準が、政府によって公式に作られたのである。そこで富農や地主層は村外婚、一般農民や水呑み層は村内婚と分化が進んだ。
村外婚をねらっているような家では、娘を密封し、「夜這い」から離脱させる。教育勅語を盾にして貞操を守らせる方が、高く売り出せるからだ。男の方も京都、東京などへ遊学させることが流行し、そのうち地方にも中学校が建てられ、かれらの希望を満たすことになる。どこのムラにでも「ハカマギ」(袴着)の二人や三人できることになり、ムラの若衆から敬遠され、排除するムラが多くなった。昔は全的機能をもっていた若衆仲間は、こうして富農層の子弟を男女とも除外するようになる。
これが若衆仲間の第一次的解体要因であり、後に若衆組の経験がない富農層の子弟が、ムラの指導者となって若衆組を支配し、利用するようになる基を作った。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2875
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
241327 共同体の再生が必要 ざしきわらし 10/11/27 PM10
日本婚姻史2〜その5:夜這いの解体と一夫一婦制の確立3 「共同体社会と人類婚姻史」 10/05/23 AM00
231620 若衆仲間の今、「寝屋子」制度 ヨネ 10/05/14 AM11
231609 【図解】夜這いの解体と一夫一婦制の確立1〜3 ギニュー特戦隊 10/05/14 AM02
225941 官僚制度へ真っ先に飛びついた者。。。 川井孝浩 10/02/06 AM03
225869 明治時代には既に官僚が暴走する仕組みが作られていた K-brace 10/02/05 AM11
225832 貧困に適応する手段として娘を嫁に出す!? これんじ 10/02/04 PM11
218479 夜這い弾圧の裏では・・・ R 09/10/30 AM02
学校ってどうなってるの?40〜日本教育年表【明治時代】〜 「感謝の心を育むには」 08/01/05 AM11
何で「夜這い婚」は衰退したの?☆特別編☆ 「共同体社会と人類婚姻史」 07/12/31 PM09
101144 結婚式は共同体解体の加速装置だった 坂本日出夫 05/11/20 PM08
99530 若衆組のその後 前上英二 05/10/21 PM11
92242 夜這いの衰退 その1 仙元清嗣 05/06/07 PM08
91936 「裾引き」 中野恵 05/06/02 PM10
91834 私権意識が夜這いを衰退させた。 鈴木龍也 05/06/01 AM00
89249 夜這いの共同体における機能 匿名希望 05/04/21 PM01
89247 現代の家庭について思ったこと マー 05/04/21 PM00
86843 「講中」について 渡邊かお里 05/03/05 PM11
85603 本源集団解体の最終局面は観念支配 太刀川省治 05/02/12 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
シベリアからの狩猟部族(替え刃式細石器)の渡来
2万年前に南からも移住していた
南からの海洋漁猟部族(磨製石器)
縄文と日本人論をめぐって 
縄文人と農耕技術
縄文ネットワーク
「五大文明(?)」
祈りの民アイヌ(1)
RES:縄文から「アイヌ」まで
円筒土器と石刃鏃@
縄文時代の豊かな色彩文化
西欧と日本の階層意識の違い
縄張り圧力ではなく期待・応望圧力
「倭」=「日本」であるという定説の嘘
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜@古朝鮮はどこにあったか?
【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著〜A楽浪郡・帯方郡はどこにあったか?
大量渡来か少数渡来か(1)
大量渡来か少数渡来か(2)
渡来人の出自(2)
縄文・弥生論争への視点
弥生時代前夜の社会状況
村落共同体の自治の歴史
弥生の侵略闘争
居徳は弥生に突入していた
弥生の統合様式と私有意識
採取生産時代のまつり統合とその限界@
「支配者から見た属国意識」〜5、武士とは日本の支配史にとって何か
カタカムナに学ぶ 〜日本語は上古代人の認識が現代に残っている稀有な例〜
日本語の持つ力2

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp