マスコミに支配される社会
283581 新聞社による偽装の実態〜「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得
 
中村英起 ( 54 佐賀 会社員 ) 13/11/20 PM07 【印刷用へ
怪しい ! 日本の新聞 "発行部数"・米国の新聞はなぜ発行部数が少ないのか
リンク より

■新聞販売店主が語る、恐るべき発行部数の現実
「わたしは今年3月まで、滋賀県で2店のYCを経営していました。配達していた朝刊は約7000部。しかし、読売新聞社は一方的に毎朝8750部もの新聞を搬入し続けていました。当然、1750部は配達されないから販売収入もありませんが、その分も卸代金を請求されていたのです」 

余った新聞は、梱包を解かれることもなくそのまま倉庫に山積みされることになる。
そして週に1度、古紙業者の4トントラックが倉庫に横付けされる。

膨大な新聞束を積みこむ作業は、優に1時間を超えたという。新品の「古紙」の大半は、再生紙の原料として次々と海を渡って中国へ運ばれる。

■膨大な紙資源の浪費
グリーンピースの活動家が眉をひそめそうな光景である。

配達先がなく、こうして闇から闇へと消えていく新聞を、業界では「押し紙」と呼ぶ。
販売店に押し売りされる新聞紙、というニュアンスである。

「押し紙」を増やせば、新聞社は販売店からより多くの販売収入を得ることができる。
加えて、新聞の発行部数がかさあげされるので、紙面広告の媒体価値が高くなる。

「押し紙」による販売収入と広告収入の不正取得。
これこそが、新聞社による偽装の実態である。まさに、新聞業界最大のタブーにほかならない。

年1440億円の「不正」収入では、今回の調査データをもとに主要紙の「本当の販売部数」を推測してみる。

まず、各紙のABC調査による朝刊の「公称部数」は、  

読売……1002万部  
朝日…… 803万部  
毎日…… 383万部  
産経…… 213万部

これをもとに、先述の「押し紙率」から実際の配達部数を算出すると、  

読売……818万部  
朝日……527万部  
毎日……164万部  
産経…… 91万部

4割以上が「押し紙」調査では、最終的に購読紙が不明のままだった世帯については、全体に占める各紙の購読者占有率を割り出し、それに応じて部数を割り当てた。

そして、ABC部数(公称部数)と調査結果による「本当の配達部数」を比較することで「押し紙率」を割り出した。

この調査結果の妥当性、信頼性について、日本統計協会会長も務める東大名誉教授(統計学)の竹内啓氏はこう言う。

「その手法は、統計調査として非常にまともだと思います。電話、戸別訪問、そしてポストの確認と、かなり綿密な調査ができている。
購読判明件数も14万件と多いですし、購読不明の件数が多い点は懸念材料ではありますが、信頼性は非常に高いと思います」

判明した「押し紙率」を見てみると、大手4紙については読売18%、朝日34%、毎日57%、産経57%だった。4紙の平均でも、公称部数の実に4割以上が“押し紙”だったのである。

週刊新潮より

(引用終わり)

新聞社においても偽装や捏造が、繰り広げられているのです。
新聞社は、架空の販売部数をでっち上げないと存続できないところまで来ている。
 
List
  この記事は 283544 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_283581
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
314063 公取が「押し紙」にメス、新聞業界崩壊か 深ヰ紫 16/04/11 PM10
287413 怪しい ! 日本の新聞 "発行部数" 奮迅 14/02/17 PM00
285331 アメリカ新聞業界の危機 〜発行部数、広告費の推移〜 匿名希望 13/12/21 PM07
284587 出版社の闇「紙流通」 2U 13/11/28 PM09
284561 大手新聞各社本社屋〜国有地払い下げの実態 匿名希望 13/11/27 PM11
284559 政府も黙認する、新聞社が抱える最大かつ公然のタブー「押し紙」問題 中村英起 13/11/27 PM10
284516 出版社でも偽装が明らかに〜出版社が公称する印刷部数には偽装の余地がある〜 HHH 13/11/26 PM07
284471 新聞は足元から崩れてきている 匿名希望 13/11/25 PM08
284398 新聞ビジネス崩壊の「Xデー」 中村英起 13/11/25 PM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp