市場は環境を守れない、社会を統合できない
25591 市場は等価交換ではない、外部不経済を捨象している
 
阪本剛 HP ( 28 千葉 SE ) 02/03/04 PM06 【印刷用へ
 では、市場では、商品はどのように評価されているのだろうか?

◆商品の価値はどう評価されているか

 まず、商品の価値として現れるのは、それを生産する際に消費されるもののごく小部分(人間が支出した労働)だけであり、それ以外は外部不経済として一切除外され無視される。

 つまり、生産された商品を使用・消費する人間が、その商品を使用するために負担するコストは、ただ単にそれを購入するために必要な貨幣だけでなく、実際には、それが生産され使用される中で生じる環境破壊、健康破壊のコスト全体を負担させられる。

 さらに、社会全体をとってみても、その社会で生産された富の量は、その富の生産のために投じられた労働の量に等しくなく、その生産に付随する不経済のために支出される労働の量を含んでいる点でも不等価である。(たとえば、環境破壊や健康破壊が進行するほどGDPは増大する。)

 また、この不等価性は、環境や人間の健康に配慮して行われた生産労働も、それらを容赦なく破壊しながら、一切それに対するコストも道義的責任も引き受けないで行われる生産活動も、市場メカニズムでは、完全に両者の質を捨象して、強引に等式化する形で現れる。

 すなわち、後者の(破壊的、無責任的な)生産コスト=商品価格が前者(環境に配慮ある商品)より安上がりになる=市場で売れることによって、前者の労働の価値が、不当に低く評価されることになる。


 
List
  この記事は 25589 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_25591
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
251763 財の価格とお金〜地球から資源を汲み上げるポンプ 佐藤英幸 11/05/21 PM05
238869 「外部不経済」という概念すら私権から脱していない rino 10/10/03 PM11
「市場は環境を守れない、社会を統合できない」シリーズ3〜「等価交換」の欺瞞 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/06/26 AM01
シリーズ「市場は環境を守れない、社会を統合できない」2〜環境保護主義が盛んになったのはなんで?〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 10/06/19 PM00
180288 自給率問題が顕在化してきているのは? 佐藤賢志 08/06/29 PM10
163180 市場=合法的泥棒行為的な面について hosop 07/10/10 PM05
『ハゲタカ』から「資本主義システム」について考えてみる? 「にほん民族解放戦線^o^」 07/07/12 PM10
137068 求める側にも ageyaki 06/11/10 PM08
103807 認識のスタンスを何処に置く 橋本正雄 06/01/09 AM05
96812 市場では統合課題は評価されない 石川笑美 05/09/04 AM09
95455 市場システムは何かおかしい 大西敏博 05/08/02 AM10
91264 外部不経済の不均衡も'70年から 田中素 05/05/23 AM03
88045 市場の変化は本物か? 沼田竜一 05/03/28 PM05
87033 「紙の消費量」にみる外部不経済捨象 匿名希望 05/03/09 PM00
82890 先ずは、市場価格を把握する。 中村英起 04/12/20 PM09
82224 外圧捨象、カタワの都市 井上宏 04/12/07 PM11
25701 不等価な価値の交換とは? 藤岡聖子 02/03/05 PM02
25592 「利己的な利益の効率的実現」という支配原理 阪本剛 02/03/04 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp