人類の起源と人類の拡散
243368 ’10年末なんで屋劇場レポート5〜中国文明の起源
 
山澤貴志 ( 45 鹿児島 ITコンサル ) 11/01/03 PM06 【印刷用へ
● 中国の初期農耕文化の担い手は原中国人(O1、O2)

原中国人(スンダランド発のO1、O2が主体の元海洋民)は母系の農耕文化を開花させるが、次第にモンゴル高原の新モンゴロイドO3が南下して文化的影響を与えるようになる。

9000年前(or8500年前)に長江下流域で彭頭山文化(稲の栽培跡)が興り、河姆渡文化、大渓文化(7000〜5200年前)につながり、黄河中流域で粟の耕作やブタの飼育を中心とした裴李崗文化、及び後李文化が登場し、仰韶文化(〜5000年前)、大ブン口文化(6300〜4600年前)へとつながっていく。

この時期には、新モンゴロイド(トルコ族、モンゴル族、ツングース族)も遊牧を営んでいたと考えられる。

●新モンゴロイドの南下とチベット族の侵入によって母系から父系へ転換

5500年〜5000年前は寒冷・乾燥化の時期であり、父系氏族社会への過渡期だと言われており、黄河流域と長江流域で防御性の高い城堡が出現した。これは新モンゴロイド(トルコ族、モンゴル族、ツングース族)の南下による影響及び、タリム盆地からチベット高原に進出してきた印欧語族の遊牧部族によって押し出されて、黄河上流へ進出してきたチベット族の影響と考えられる。

黄河中下流域の龍山文化(4800年前〜4000年前)にはモンゴル族の影響が、紅山文化(5400年前〜4300年前)にはツングース族の影響が、黄河上流域の馬家窯文化(〜4700年前)、長江上流域の三星堆文化(5000年前〜3000年前)にはチベット族の影響が考えられる。

こうして、一方では父系転換と私有制が強まり、他方では、戦争圧力が強まる中、いわゆる中原地域において夏→殷→周の王朝が誕生し、中国私権文明の歴史が幕を開けることになる。

●初期中国文明は、西方のチベット族と北方のモンゴル族の中原を巡る覇権争い

夏王朝の主役は、チベット族とする説と、長江流域から北上した南蛮とする説があるが、チベット族は先に長江中流にも進出しており、制覇力となる武力の強さという点からもチベット族とみなして良いだろう。

殷については、夏に服属していたモンゴル族とする説と、西域からやってきたトルコ族とする説がある。3800年前頃の楼蘭の遺跡から、ヨーロッパ系白色人種の特徴を示すミイラが見られることから、白人の影響も無視できないが、中央アジアから起こった戦車の技術を取り入れるのはモンゴル族でもトルコ族でも可能である。むしろ殷が夏の体制をそのまま引き継いでいること、及び殷に起こった漢字の独自性や天信仰から見て、モンゴル族による政権とみるべきであろう。

更に、3100年前になると、殷に服属していた周族(トルコ族orチベット族)が羌族(チベット族)と協力してモンゴル系の殷王朝を滅ぼし、周を建国する。 

殷は羌族を生贄としたといわれるが、初期中国文明は、西方のチベット族と北方のモンゴル族の中原を巡る覇権争いだったということができるであろう。

● タミル人と弥生人は秦王朝から脱出を図った原中国人の末裔?

続く春秋戦国時代には、江南(呉越)の倭人が難民となって朝鮮や日本へ多数漂着したが、その後の秦王朝(2200年前)の専制政治にあって、日本へ計画的に脱出してきた徐福一派は男女児童3000人、30隻の大船団で最先端の軍備と職工と穀物種を携えて、日本各地に渡来してきたとされ、この計画的な殖民が日本の弥生文化に与えた影響は大きいと思われる。

また長江の最上流からはへインドへ脱出することも可能である。よく日本語とタミル語の親近性が議論されるが、タミル人はこの時期、インド南部に脱出した倭人勢力ではないだろうか?

● 隋・唐を作った鮮卑

その後の中国は、トルコ族・モンゴル族の混合軍とも言える東湖、柔然、匈奴、突厥、高車、丁零といった騎馬民族の南下圧力に押され続けることになるが、中でも、東湖から分かれた鮮卑はうまく中原に入り込み、漢人の漢を倒して、隋・唐を打ち立てていった。
この隋・唐の時代、日本は頻繁に遣隋使、遣唐使を派遣しており大和朝廷とのつながりも深い(ただし、隋の後の時代は鎖国)。大和朝廷を打ち立てた勢力=天孫族が扶余→初期朝鮮諸国(高句麗、百済、新羅)といったツングース族の一派であることから、鮮卑もツングース系ではないかと考えられる。何より鮮卑という名前が朝鮮北方の鮮卑山に由来していることからも、ツングースの可能性が高いが、鮮卑の元になる東湖がツングースの系譜に連なるのか、疑問な点も多く、この点は継続追求課題とする。
 
List
  この記事は 243356 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_243368
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
遊牧民の中国支配史2: 〜夏・殷・周の成立〜 「日本を守るのに右も左もない」 11/07/28 PM04
252655 【中国】秦王朝の出自 ヒヨコ丸 11/06/07 PM03
252383 【中国】中国の南北の違い たっぴ 11/06/02 AM00
252284 【中国】中国史における皇帝たちの多くは、【非漢人】で占められ、その血統も入替っている。 たっぴ 11/05/30 PM09
251900 中国追求で何を明らかにしていくか〜中間整理 田野健 11/05/24 AM00
251423 【中国】夏王朝の起源に関する仮説 dou 11/05/15 AM00
249786 言語系統を中心とした中国の少数民族の分類と分布 たっぴ 11/04/18 PM10
245329 2/6なんでや劇場(1) 1万年前以前の極寒期には南欧以北の欧州は無人だった 冨田彰男 11/02/08 PM01
万里長城地帯に興った紅山文化が中国都市国家の先駆け 「共同体社会と人類婚姻史」 11/01/28 AM09
244511 中国の古代史1〜旧石器時代:黄河を挟んで南は植物資源依存文化、北は動物資源依存文化 山澤貴志 11/01/23 PM06
黄河中・下流域、長江下・中流域の新石器時代中期後半〜まとめ 「共同体社会と人類婚姻史」 11/01/16 PM00
12/29なんでや劇場(4)〜新モンゴロイドの誕生と中国文明の起源 「日本を守るのに右も左もない」 11/01/09 PM08
243410 北ユーラシア草原東部の世界1(モンゴル、ツングース系) 山澤貴志 11/01/04 PM00
243372 ’10年末なんで屋劇場レポート6〜モンゴロイドの歴史を巡る残課題 山澤貴志 11/01/03 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp