サル社会を解明しよう
2069 特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
 
四方勢至 ( 老年 京都 編集 ) 01/03/24 AM02 【印刷用へ
さて、単雄複雌型の種にとって、次の首雄は必ず負けザル(多くは若オス)たちの中から登場する訳ですから、負けザルたちの棲息域が不可欠に成ります。それが、ハヌマンラングールやゴリラに見られるオスたちの集団です。

ここで、よく子殺しの典型として引き合いに出されるハヌマンラングールについて、考えてみましょう。性闘争=縄張り闘争に勝った新首雄が、もしメスたちの赤ん坊を殺さなかったとすれば、種としての個体数が増え、縄張りを拡大すると共に縄張り闘争を激化させる事になります。それは、首雄にとって、大変な負担増になります。もっと問題なのは、個体数の増大と縄張り闘争の激化により、負けザルたちの生存域が無くなって終う(or極めて小さくなって終う)点です。

つまり、ハヌマンラングールやゴリラは、一定の赤ん坊殺しによって縄張り闘争の激化を防ぐと共に、敗けザルたちの生存域を確保しているのです。もちろん、首雄自身は、そんな事を考えている訳ではなく、生来の性闘争本能の強さと凶暴さから赤ん坊殺しを始めたのでしょうが、結果的にはそれが彼らの最良の適応方式であったと云うことでしょう。

それに対して、チンパンジーの子殺しは、一般に良く見られる現象ではなく、稀に見られる現象で、それも、他の群れに行って浮気してきたメスの子殺しが多い様です(時に、オスたちが浮気メスに集団リンチを加え、そのメスを殺して終う場合もあります)。ここでは、父系集団たるチンパンジーのオスたちが、外からやってきたメスたちをどういう目で見ていたかを、推察する必要があります。

これは全くの私見ですが、乱婚化したオスたちにとって外からやってきたメスは、自分たちの大事な獲物(宝物)だったのではないでしょうか?しかし、メスは(乱婚化しているぐらいですから)浮気者です。そこで、メスを敵(他の群れ)に取られないことが、縄張りを取られない事と同程度にorそれ以上に重要な課題となったのではないでしょうか?

だとすれば、メスの防衛(囲い込み)という最重要課題を破って敵と交わった不倫メスは、オスたちにとって絶対に許せないことになり、制裁の対象となるのも肯けます。そして、この様なオスたちの課題(闘争)共認に基く制裁の方法が、敵の子供かも知れない不倫メスに対する子殺しではないでしょうか(おそらく、そこには、「見せしめ」の意味も込められているでしょう)。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_2069
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
228457 子殺し:チンパンジーをはじめ、ライオン、複数のサル類やジリス、イルカなどでも確認されている? ヨネ 10/03/17 PM06
118299 子殺しから何がわかるのでしょうか? 是永恒久 06/06/03 PM09
91480 子殺しとオスの性的欠乏 ジャック・ダニエル 05/05/26 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp