経済破局は来るのか?
185862 なんでや劇場 9/15 レポート1「経済破局に至る基本構造」
 
ブログ 日本を守るのに右も左もない 08/09/16 PM11 【印刷用へ
テーマ:〜リーマン破綻、メリル買収、福田辞任で経済破局の段取りが変わる〜
  福田首相の突然の辞任を受け、「日本人の起源」から「経済破局」に、直前にテーマが替わった今回のなんでや劇場ですが、さらに当日に飛び込んできた、「リーマン・ブラザーズ、破産法申請」「メリルリンチ、バンク・オブ・アメリカに買収」のニュースを組み込み、緊迫度の高い議論が展開されました。
 前半では、このアメリカを代表する証券会社の破産や身売りの背景を探る為に「経済破局に至る基本構造」について、追求しました。

続きはこちら
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_185862
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
『世界同時大不況』を歓呼の声で迎える人たち 「晴耕雨読」 08/10/01 AM00
187912 騙しのプロ達の最終闘争だから、金融社会へ大きな影響が出る 村上祥典 08/09/28 PM06
187907 市場の歴史構造を理解する事で、これからの市場の姿も見えてくる 山田孝治 08/09/28 PM05
187902 金融商品の欺瞞を明らかに。 長谷川文 08/09/28 PM03
187848 市場の拡大が全てなのか? LUNAR 08/09/27 PM10
187846 初参加してみての疑問(経済のグループ) かどっち 08/09/27 PM10
187845 私も気付い(け)た! 中村淳子 08/09/27 PM10
187843 経済破局を考える前に・・・ hey 08/09/27 PM10
187800 事実や構造を知らないと考えることも出来ない 匿名希望 08/09/27 AM03
187707 ロックフェラーが、ドル大暴落の引き金を引いたら、金貸しの存在基盤を失うのではないか? 正国稔 08/09/26 PM07
187561 もし、ロックフェラーに日本が使われ大破局が起きたとしたら日本は・・・ リーフ 08/09/25 PM11
187084 世界の金融保険会社上位30社 正国稔 08/09/24 AM00
186338 経済破局についての疑問点(サロンにて) 佐藤賢志 08/09/21 PM11
9/15劇レポ第2弾〜金融覇権闘争 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/09/20 PM11
186192 経済破局の必然構造 トオル 08/09/20 PM10
9/15劇レポ第1弾〜経済破局に至る基本構造 「ブログ de なんで屋 @東京」 08/09/19 AM00
185965 覇権闘争に勝って世界征服!…って、だから何? 藤岡聖子 08/09/18 PM02
米国債はすべて米国財務省証券:日本政府が外貨準備で保有しているのはTB(財務省短期証券)のはずです 「晴耕雨読」 08/09/17 PM00
郵政金融事業が内包している「破壊的エネルギー」の悪用を考慮しない政治家・官僚は売国の輩 「晴耕雨読」 08/09/17 PM00
『世界同時大不況』を歓呼の声で迎える人たち 「晴耕雨読」 08/09/17 PM00
なんでや劇場9/15 レポート2 黒幕は誰?大暴落の鍵を握るのは日本?! 「日本を守るのに右も左もない」 08/09/17 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp