恋愛って、何?結婚って、何?
158029 江戸時代の結婚〜制度から見た男女の地位〜
 
是永恒久 ( 30代 東京 会社員 ) 07/07/31 PM11 【印刷用へ
江戸時代における婚姻における「三行半」や「持参金」という制度やその時代における離婚率の高さに驚きです。そのことについて記載のある書評を紹介します。
「三くだり半と縁切寺」(著者:高木侃)
リンク

以下引用です。

江戸時代の話、女性はたった一枚の紙きれで簡単に離縁された、と人は言う。その紙切れを称して、三くだり半という。3行半に書く習慣だったから、離縁状を三くだり半と呼んだとか。それは次のようなものだった。

    この花と申す女、いずかたへ
    縁つき候とも、私方にては
    いっさい構えなきござ候、後日のため
    差し出し申し一札、よって件のごとし
     安政四巳
       小金井村 七郎右衛門P32

 それでは、女性は本当に紙切れ一枚で、簡単に離縁されたのだろうか。本書は離縁状を丹念に読みこむなかから、その疑問に答えようとする。結論から言えば、三くだり半が夫から妻に渡されたからといって、妻が泣く泣く実家に帰っていたわけではない。江戸時代には離婚は恥でも何でもなかった。気に入らない男性を、さっさと見捨ててしまった女性もいた。

 現在、離婚が増えていると巷間では騒いでいるが、明治前期の離婚はすこぶる多い。現在の離婚率は、増えたといっても1パーセント台だが、明治初期には4パーセント近かった。これは江戸時代の離婚の多さを反映したものだといわれる。

 この離婚は、夫による一方的な追い出し離縁だったのだろうか。実は、追い出し離婚だけではなく、妻のほうからの飛びだし離婚も多かったのだと、本書はいう。しかし、女性の再婚にあたっては、離縁状が必要だったので、必ず三くだり半は書かれた。夫には三くだり半を書く権利ではなく、書く義務があった。権利と義務では、その性質はまったく正反対である。

 江戸時代は、男尊女卑の家制度によって、女性は圧倒的に不利な状況に置かれた。女大学に見るように、夫こそ天であり、主人であると諭されたが、実態はどうも違うようである。武士階級にあっては、妻は持参金を背景に強い発言力をもっていたし、彼女たちは離婚をも厭わなかったという。

 武士階級の離婚率は、10パーセントという高率で、しかも女性の再婚率は50パーセントを超えていた。「貞女二夫にまみえず」といったことは、男性の願望にしか過ぎなかった。庶民に目を転じれば、女性の優位がいっそう増すのは当然である。女性は自らが貴重な労働力であるから、軽い扱いを受けていたはずはない。

 江戸時代の離婚にあっては離縁状の授受が、妻にとつても夫にとつても法律上の要件であったから、離縁状は授受されさえすればよかった。したがって、その記載内容はまったくのタテマエであって、家とか家風の文句すらタテマエとして実態とは無関係に使用された例もある。そして夫の方にも離婚の確証が要求されたので、離縁状を渡した妻から「離縁状返り一札」をとった夫もある。そこには離婚当事者としての妻本人の存在が感じられるが、すくなくとも妻実家が引き受け手として重要な役割を担った。それが徹底したのが「先渡し離縁状」で、妻方が離婚権をにぎつた。P101

 夫婦双方での協議離婚が主流であり、夫からの追い出し離婚だけで、江戸時代を見るのは誤りである。次の5つの場合は、妻から一方的に離婚できた。現在の離婚条件よりも、はるかに女性に有利だった。

 1.夫が妻の承諾なしに、妻の衣類など持参財産を質に入れたとき
 2.妻と別居もしくは音信不通つまり事実上の離婚状態が3〜4年続いたとき
 3.髪を切ってでも離婚を願うとき
 4.夫が家出して12カ月(古くは10カ月)が過ぎたとき
 5.比丘尼寺(縁切寺)へ駆け込んで、3カ年が経過したとき

 江戸時代の縁切寺は、鎌倉の東慶寺と群馬の満徳寺だけであったが、妻からの離婚靖求もかなりの程度に認められていた。

 働かなくてもすむ専業主婦はいなかったので、すべての女性は労働力だった。未婚・既婚を問わず、江戸時代の女性たちはよく働いた。働き手である限り、女性の存在が軽んじられることはあり得ない。むしろ明治の中頃になって、民法によって家制度が敷衍され、男尊女卑が強制されたことによって、女性の地位は厳しいものになったのである。江戸時代の男女関係を、冷静に見直すために、本書は最適な事例を提供してくれる。

以上引用終わり。

三行半とは、離婚の際に夫から妻に発行される離縁状なので妻が夫に捨てられるというイメージを持っていたが、認識が大きく違っていました。また、この時代の結婚とは、個人間だけの結びつきではなく、家と家のものであって、恋愛などといった甘っちょろいものが入る余地など入ることなく物凄く現実的なもの(=生活する)であったことが分かります。
 
List
  この記事は 157540 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_158029
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
江戸時代の結婚スタイル〜庶民ほど自由だった〜 「共同体社会と人類婚姻史」 18/11/22 AM09
229831 江戸時代の女性はとても大切にされていた ギニュー特戦隊 10/04/09 AM08
婚姻史シリーズ〜書籍紹介:「日本の歴史をよみなおす」 「感謝の心を育むには」 09/02/01 PM09
江戸時代農民の家族の実態 「感謝の心を育むには」 08/05/25 PM11
一対婚は世界の16%に過ぎない 「共同体社会と人類婚姻史」 08/01/04 PM07
江戸庶民は、長屋の共同体で、精神的に豊かに生活していた。 「共同体社会と人類婚姻史」 07/08/21 PM11
「三くだり半」とは妻(女)にとって哀れな書状だったの? 「共同体社会と人類婚姻史」 07/08/12 PM00
158714 江戸時代の教育(1)〜教育水準は地球史上でも群を抜く高さ〜 是永恒久 07/08/11 PM09
158484 江戸の離婚制度(駆け込み寺etc) ヨネ 07/08/08 AM09
158481 (江戸時代)吉原、これもひとつの婚姻関係か? R 07/08/08 AM07
江戸の女子教育は男よりも高水準だった?! 「共同体社会と人類婚姻史」 07/08/07 PM11
江戸時代から幕末の「裸体と性」、西洋人の目にはどう映ったか? 「共同体社会と人類婚姻史」 07/08/07 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
前夜の意識状況1 答えがないので、課題捨象
前夜の意識状況2 課題を捨象して充足収束=充足基調
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
観念捨象の実践模索では足りない=観念を必要とする地平
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
思考次元1 潜在思念の実践思考
思考次元2 否定意識の倒錯思考
思考次元3 本能⇒共認⇒観念の超越思考(構造認識)
全てのネックは「答えを出せない」という一点にある
現代意識潮流と戦略ターゲット
必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!
不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
観念パラダイムの逆転5 現実、その下部意識と上部意識
観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い
観念パラダイムの逆転7 新しい認識だけが、現実を変えてゆく
新パラダイムの点検1 現実の壁を対象化できるか?
新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ
新パラダイムの点検2 可能性と不全(肯定か否定か)
新パラダイムの点検3 可能性or不全の源を対象化し続ける源泉
社会収束1 評価共認が生み出す同類圧力
社会収束2 私権圧力を超えた外向収束の潮流
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
実現の論理
実現論は、易しいけど難しい
行動方針4 まず身近な職場を改革してから、社会をどうするかを提示せよ
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
大衆には、運動を立ち上げる余力が無い→余力を与えられた悪徳エリートが支配する社会
金貸し勢力の弱点と自滅の構造
金貸しと悪徳エリートに止めを刺すのは?

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp