サル社会を解明しよう
1567 原猿のメスについて
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/03/17 AM00 【印刷用へ
>もともと縄張り争いをしていた(お互いに仲が悪かった)メスたちが、首雄の周りに集まって同居する様に成った(仲良く集まって暮らしていた?)のはなぜ?(首雄のもとでは、メス同士の争いは起こらなかったのだろうか?)

との疑問に対してはこう考えれば良いのではないでしょうか?

仮にメスの縄張りがそれぞれ独立していたとすれば,縄張りを獲得できないオスが沢山、生き残っている訳ですから、縄張りを持てない飢えたオスたちから、いつ縄張りを攻撃されてもおかしくないでしょう。
 だから現実的な縄張り確保の必要性からメス間の縄張り闘争を封鎖し、首雄の近辺に来たと考えられます。

 その際の封鎖の仕組みですが、オスの性闘争=縄張り闘争を封鎖した親和物質、例えばその有力候補として考えられるオキシトシン(スキンシップの際に脳内に分泌されていることが確認されています)は、もともとは胎内保育を可能にした物質(異体を排除する機能を抑制停止する物質)で、哺乳類のメスに由来する物質です。(親和物質を作る機能、そのものは遺伝子の交差によってメスからオスに移転された可能性が高い)

 その物質を使ってオスに相手同一視の機能や共感機能が蓄積されていけば、それはオスの遺伝子とメスの遺伝子が交叉することで、メスにもそれらが遺伝されたと考えられます。(親和物質がもともとは母子のスキンシップに由来する物質だとすれば、仮にその他の物質でも同様のことがいえます)

 メスの縄張り闘争はオスより弱いので、オスよりも早くそれが封鎖されることに不思議はありません。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1567
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
69721 原猿以前の縄張り闘争と雌雄関係って?? 宮崎未帆 04/04/01 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp